ブログ

マンションを「業者買取」で売却する7つのメリット

マンションを売却する場合には仲介が一般的ですが、不動産会社に直接売却する「業者買取」もひとつの手段です。

仲介では高額な売却が見込めますが、時期の目途が立てられなかったり様々なデメリットもあります。一方、業者買取では仲介と比べて売却価格が安くなる傾向がありますが、スピード・トラブル回避・費用負担などの面でメリットもあります。どちらの売却方法が合っているか検討の材料にしてみてください。

業者買取はこんな人にオススメです

「転勤で住み替えをすることになった。転居でのマンション売却資金が必要な時期が決まっているので、売却の目途を立てて資金計画をたてたい。」
「高額で売れる事よりも早く売れることを重視している。」
「諸事情があって周りの人にマンションを売り出していることを知られたくない。」
「内覧希望者の対応など売却に至るまでのやりとりがとにかく面倒だと思っている。」

業者買取の7つのメリット

1.売却時期と現金化の目途が立てられる


仲介によるマンションの売却時期や売却額は、めぐり合わせ次第です。査定額の高い仲介会社を見つけたとしても、買主が見つからなければ売却は成立しません。査定額はあくまでも「売却予想額」ですので、その金額で売れることを確約するものではありません。希望の査定額で反響が無ければ買主が現れるまで少しずつ価格を下げたり、売却までに長期間かかることもあります。いつまでも資金計画が立てられず困ってしまう方もいるでしょう。

また、一般の方で購入希望者が現れたとしても、ローンの審査が通らなかった場合には契約はできません。一方、業者買取は資金問題によって契約が白紙に戻ることはありません。

業者買取の場合、提示した買取価格に納得がいけばすぐに契約を結ぶことができます。現金が手元に入る目途が分かるので、資金計画が立てられます。転居による住み替えの場合には、引渡期間に融通が利くことも業者買取だからこそはないでしょうか。

2.周りに知られずに売却できる


離婚や子供の問題など家庭内の事情で売却する場合や、住宅ローンの返済が難しくなり仕方なく自宅を売却して返済するという場合には、なるべく周りの人に知られずに済ませたいものです。仲介での売却では、ポータルサイトやホームページに物件情報を掲載したり、近隣にチラシをまいて看板を設置したり、宣伝活動を行います。また、内覧希望者の対応もあるので、知り合いにマンションを売り出していることを気づかれる可能性があります。

業者買取では基本的に訪問査定1回で契約の可否と買取価格が分かります。契約が成立するまで物件の情報が公開されることはありません。

3.仲介手数料がかからない


仲介では手数料を支払う必要があります。

仲介手数料=(物件価格(成約価格)の3%+6万円)×消費税

例えば3,000万円の物件価格だとすると仲介手数料は約104万円、5,000万円の物件価格では約168万円にもなります。これが業者買取だと0円になるのです。

なぜかというと、不動産仲介は「不動産売買の際に売主と買主の間に入り売買契約をとりまとめること」が役割なので、業者買取ではその役割が必要ありません。買取りする業者との直接取り引きとなるので、仲介手数料は発生しません。

4.リフォーム費用がいらない


仲介では内覧者に物件を気に入ってもらうため、室内の不具合箇所や破損箇所のリフォームが必要な場合があります。

例えば室内でペットを飼っていて床や壁紙が傷だらけ、キッチン周りに付着した油汚れが固まっている・焦げ付いている、お風呂の水アカやカビ、トレイの汚れなど、壁紙や畳を張り替えたり、設備を新しくしないと売れないことも。しかし、リフォームをしたからといって費用をかけた分高く売れるとは限りません。

業者買取の場合は、リフォームはもちろんクリーニングも不要。室内状況を気にせず売却することが可能です。

5.引き渡し後のトラブルによる予想外の出費がない


一般の方へ売却する場合は瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を負う必要があり、売主は瑕疵担保保険(かしたんぽほけん)に入る場合もあります。

瑕疵担保責任とは、マンションの売却後であっても事前に知らされていない瑕疵(見えない欠陥)があった場合に、買主に対して売主がその責任を負わねばならないことをいいます。簡単にいうと、売却後に起こった不具合に対して一定期間は売主側が修繕の義務を負いますよ、という約束です。水道管・排水管などの耐用年数は20~25年程度と言われているので、瑕疵担保責任によって予想外の出費が発生する可能性があります。

業者買取の場合には、瑕疵担保責任は原則免除されます。瑕疵担保責任というのは消費者を守る法律ですので、買主が一般消費者ではなく業者の場合にはこの責任は発生しません。

6.何人もの内覧希望者の対応をしないで済む


仲介による売却では、購入希望者に内覧してもらう必要があります。居住中の場合は念入りに部屋の掃除をしたり手間や負担がかかるでしょう。また、いくら売却のためとはいえ、他人が家の中に入ることにかなりストレスを感じる人もいるようです。

その内覧も1、2度目で決まるとは限らず平日の夜間や休日も対応することになり、生活が落ち着かないという事態になることも。買主は売主の人柄を見ていることもあるので、印象を良くするために気を使うのがわずらわしいと感じることもあるでしょう。

業者買取の場合は、基本的には内覧は訪問査定のときの1回で済みます。業者との取引ですので、気疲れをすることもありません。

7.相続などで居住者がいない物件を手早く処分できる


遠方に住んでいるため頻繁にこれない。住む人もいないし管理もできないなど、相続した不動産の使い道に困っている場合にも、業者買取なら訪問査定の日取りを決めやすく、手続きもスムーズで負担は少ないでしょう。

相続したマンションを売却した場合には、特例の適用を受けるられることがありますので、専門家へ相談してみてください。

まとめ

1円でも高く売りたい方、売却時期に余裕がある方には、仲介での売却が良いかもしれません。ただ、事情や考え方によっては業者買取のほうがメリットが大きいこともあるはずです。仲介と業者買取の両方を知り、自分にとって魅力を感じるほうを選択すると良いでしょう。

和泉地所は埼玉県南・東京城北・城東エリアの中古マンション買取を行っています。

和泉地所では、中古マンションの買取を行っています。「早く処分して現金化したい」「周りの人に売るのを知られたくない」という方にオススメ。まずは無料の簡易査定からお申し込みください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

【電話番号】048-299-6300

無料査定お申し込みフォームはこちら ≫